マンションを買おう


安心な新築マンションとは

景気が徐々に回復傾向に向かい、また新築マンションの建設も頻繁になってきました。
特に最近物件で目立つのが、都市型の超高層マンションです。地上50階建て住宅はもはや当たり前になってきました。部屋からの眺めが非常によく、都会の景色やネオン輝く夜景を独り占めできるところが人気となっています。
地上50階建て住宅は超高層なため、高齢者にとっては少々不安がある住まいであることに間違いはありません。もし、地震や火事がきたらマンションが倒壊するのではないか、またエレベーターが停まってしまってエレベーターに閉じ込められたり、逃げ遅れたりするのではないのか、また老朽化したら高層マンションはどうなっていくのかなど、不安要因がたくさんあるのです。しかし、東日本大震災を受け新築物件建設の際は、非常に耐震や防火に重点をおき建設されるようになっているのです。
新築マンションは免震構造に力を入れており、仮に震度七クラスの地震がきても、倒壊の恐れがないといわれているのです。また自家発電装置を備えているので、ライフラインが寸断されて困ると言ったことがないように建設されているのです。そのため超高層物件では、安心して快適に暮らせるようになっているのです。またホテル並みの施設が充実しており、住まいで困ったことがあれば、コンシェルジュが迅速に対応してくれるのです。
一階部分のエントランス周辺には、スーパーやコンビに、病院などがテナントとして入っているので、非常に快適なアーバンライフを送ることができるのです。